「最も成功する名前、男性がジェームズ・女性はエリザベス」
日本には意味のない結果よなぁ
文化が変われば、名前の意味も響きもちがうしさ。

まあ、DQNに多い名前とかがあるから、影響がないことはないだろうが、成功するかどうかにはあまり寄与しないよな気がするよ。
なんとなく、性格には影響しそだが。

子供に名前付けるときは、漢字の画数や組み合わせうんぬんのほうが気になっちゃうよな。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080326-00000044-reu-ent

英国で行われたオンラインアンケートで、最も成功しそうな名前は男性がジェームズ、女性がエリザベスと思われていることが明らかになった。英ハートフォードシャー大のリチャード・ワイズマン教授(心理学)が25日に発表した。
 アンケートには計6686人が参加。最も成功すると思われている名前の2位は、男性がリチャード、女性がキャロラインだった。
 また、幸運の持ち主と考えられている名前は、男性の1位がジャック、2位がクリス、女性の1位がルーシー、2位がケイティーだった。
 魅力的な人物の名前では、男性が1位ライアン、2位ジェームズ、女性が1位ソフィー、2位レイチェルとなっている。
 この結果について、ワイズマン教授はロイターに対し「かなり有効だと思う。6000人以上が参加した結果なので非常に説得力がある。上位の名前と下位の名前の差はとても顕著で、そこには何かがあると考えられる」と述べた。




【2008/03/26 21:35 】
| 未分類 | コメント(-) | トラックバック(0) |
「おとなしい子 なぜ 岡山の突き落とし 精勤賞、今春高校を卒業」
なぜといいたいのは、被害者だよね。

殺人者が当時おとなしかろうが、学校に都合のいいよい子だろうがどうでもいいよ。

こんな異常な殺人者が、裁判でまた、心神喪失とかいって保護されたりしないだろうな。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080326-00000102-san-soci

まじめな県庁職員は突然、線路に突き落とされた。JR岡山駅のホームで25日夜起きたあまりに理不尽で不可解な殺人事件。「誰でもよかった…」。被疑少年の供述は、3日前に茨城県で起きた無差別殺傷事件をほうふつとさせる。今春卒業したばかりの高校の関係者らが「おとなしい子だった」と口をそろえる18歳は、なぜ凶行に走ったのか。「はらわたが煮えくり返る思いだ」。死亡した職員の遺族は吐き捨てるように語った。

 学校関係者によると、少年は大阪府内の園芸系の府立高校を今月1日に卒業したばかりだった。在学中はトマトに水を与えないことによる影響を研究。遅刻などもなく、非行などの問題をおこしたことはなかったという。

 2年生の時から進学を希望しており、「京都大学医学部を目指す」と話していた。しかし、この高校からこれまで京大に進んだ卒業生はほとんどおらず、担任からは「やめたほうがいい」と言われていたという。

 その後、家庭の経済的な事情で進学を断念。学校関係者に「いったん働いてお金をためてから大学に行きたい」と話していた。「就職に有利になるから」と受けた簿記試験なども失敗し、進路に悩んでいた様子もあったという。現在は無職だったとみられる。

 高校や同級生によると、中学時代から体格がよかったが、おとなしい性格だった。中学では一時、いじめを受けていたこともあったという。高校3年間で欠席は2日しかなく、精勤賞の表彰を受けた。

 服装や髪形なども派手ではなく、高校時代は放送部に所属。放送機器の設置など裏方の準備に汗を流した。先生から「ありがとう」と声をかけられると、「はい」と明るい返事が返ってきたという。

 卒業式前後には、下あごにひげを生やした姿も目撃されていたという少年。卒業時の寄せ書きには「3年間いろんな意味でいろんな事があって楽しかった」と記していた。

 両親が所在をつかめなくなったのは25日からで、同日午後7時ごろ、岡山駅に到着。大阪からは新幹線を使わず在来線を乗り継いでいたとみられる。

 学校関係者は「警察から一報を受けたときは被害者の側なのかと思った。それほどおとなしい生徒だった」と驚いていた。

                   ◇

 少年の父親(56)は、駆け付けた岡山市内で取材に応じ「相手の方にとてつもなく申し訳ない。親として悪いことをした」と声を詰まらせながら謝罪。さらに、「自分は正義感を持っているつもりだったが、それを息子に伝えるのが足りなかった。親として最低やと思う。責任は取らなければ。一生懸命育てたつもりやけど…」と肩を落とした。



【2008/03/26 21:16 】
| 未分類 | コメント(-) | トラックバック(0) |
「租特法改正案 首相、再可決の構え 暫定税率の混乱回避で」
社会的混乱を最小限にとどめるなら、再度、税を復活させるなよ。
いってることとやってることが違いすぎ。
混乱してるのは、役人や利権議員にお金がいかなくなるという自分らの都合やん。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080326-00000044-mai-pol



福田康夫首相は、揮発油(ガソリン)税の暫定税率の期限切れによって4月1日以降にガソリン価格が下がることをにらみ、今月末に記者会見を開いて、異例の事態に至った経緯と今後の対処方針を国民に直接説明する。暫定税率の維持を盛り込んだ租税特別措置法改正案を、4月末に衆院の3分の2の賛成で再可決する構えを表明し、社会的混乱を最小限の期間にとどめる狙いがあるとみられる。

 租特法改正案が月内に成立しない場合は、4月1日以降ガソリンは1リットルあたり25.1円、軽油は1リットルあたり17.1円安くなる。政府・与党はこうした状態が続けば、国、地方を合わせ年間約2兆6千億円の税収減となることを強く懸念。首相が再可決の意思を明示し、値下げ期間をあらかじめ限定しておく必要があると判断した。

 記者会見は毎年、予算成立後に報道各社とのインタビューなどと併せて開かれるのが慣例となっている。08年度予算は28日に成立する見通しだ。

 これに関連し、政府高官は26日午前「国民に対して何も説明しないのは、常識的な姿ではない」と述べ、首相が記者会見で説明と決意表明を行う考えであることを示唆した。

 これとは別に、与野党は26日午後、道路特定財源問題をめぐって国対委員長などが会談し、修正に向けた協議機関を設けることで合意する見通しとなった。

 与党は同日朝、幹事長、政調会長らが国会近くのホテルで会談し、民主党が25日に提案した与野党の政調会長と国対委員長による協議機関の設置について検討した。自民党の大島理森国対委員長は会談後、記者団に「政策協議はあってしかるべきだ」と述べ、野党に協議機関の設置を呼びかける考えを示した。

 ただ、与野党の主張に隔たりは大きく、協議機関を設置しても折り合う見通しは立っていない。


【2008/03/26 18:45 】
| 未分類 | コメント(-) | トラックバック(0) |
「まつ毛エクステ、目のトラブル急増 角膜に傷、炎症に 視力低下や失明も」
目の周辺は人に触れせるのは怖いよねー
記事をよんでるだけで、目がかゆくなるよ。

美容師の資格があっても、技術はピンキリだろうし。
こういうのって、美容師の学校でトレーニングしてるもんなのかな


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080326-00000939-san-soci

まつ毛の1本1本に人工毛を接着する「まつ毛エクステンション(エクステ)」で角膜炎など目のトラブルが急増している。角膜炎は、治療が遅れると視力低下や最悪の場合、失明する危険性もある。手軽に「目力」をつけられるとして、若い女性の間で急速に広まったまつ毛エクステだが、施術後に目がごろごろするなど異常を感じたら、角膜に傷がついているかもしれないので、早めの手当てが必要だ。(平沢裕子)

 全国の消費者センターには平成16年ごろから、まつ毛エクステに関するトラブルの相談が増え始め、19年は18件と前年の2倍だった。内容は「接着剤が目に入り角膜炎になった」「まぶたがはれて痛い」「まつ毛の半分が損傷した」など。

 都内の相談内容を分析した東京都生活文化スポーツ局では「実際に危害に遭った人は相談した人の20〜30倍になると推定される。都内では急激に店が増えたことで、施術水準の低い店もあるようだ」と注意を呼びかけている。

 梶田眼科(東京・芝浦)でも数年前から、まつ毛エクステによる目のトラブルを抱えた患者を、月に1度はみるようになった。「目がごろごろする」「しみるように痛い」といって受診する患者が多く、施術当日や翌日だけでなく、2週間から1カ月後にトラブルとなる人もいた。時間がたってからのトラブルは、はがれかかったまつ毛が目に入ったり、接着剤の固まりがまぶたの裏に張りついたりして、角膜を傷つけたことが原因だった。

 梶田雅義院長は「人工まつ毛は本物のまつ毛より硬くて太いため、目に入ったときに角膜を傷つけやすい。このため、施術したまつ毛がすべて抜けるまでトラブルが起こる可能性がある」と指摘する。

 ひっかき傷など皮膚についた傷がすぐ治るのと同じように、たとえ角膜に傷がついても小さなものだとすぐ治るのが普通だ。痛みも数時間で消える。問題は、この傷から細菌などが入り込み、炎症や潰瘍(かいよう)となること。角膜潰瘍の治療が遅れれば、傷が治っても視力が低下したり、最悪の場合は失明する恐れもある。

 傷から細菌が入るのを防ぐため、梶田院長は、目がごろごろするなど異常を感じたときには、抗菌剤入りの目薬をさすことを勧める。接着剤など溶剤が目に入ったときも、水で溶剤を洗い流すだけでなく、必ず抗菌剤入り目薬を使うことが肝心。水道水中の雑菌が炎症の原因となることがあるためだ。

 梶田院長は「目薬をさせば、通常は翌日には痛みがなくなる。翌日も痛みが続くようなら、炎症を起こしている可能性が高いので、早めに眼科を受診してほしい」と呼びかけている。

                   ◇

 ■施術行えるのは美容師だけ

 厚生労働省は今月、「まつ毛エクステの行為は、美容師法に基づく美容に該当する」との通達を都道府県などに出した。つまり、まつ毛エクステの施術を行えるのは、美容師だけという見解を示したわけだ。

 業界の中でも、施術に「資格が必要ない」と思っていた人は多く、美容師以外が施術を行っている施設は相当数あるとみられている。

 ただ、施術水準は資格の有無で判断できないのも事実。接着剤が目に入るだけでなく、施術中に誤って目にまつ毛を突き刺すなどのトラブルは、だれがやっても起こりうる。目のトラブルへの対応は自分でするしかないのが実情で、施術する人は気をつけたい。



【2008/03/26 17:32 】
| 未分類 | コメント(-) | トラックバック(0) |
「滝川クリステルがいきなりキスされちゃった!って」
ただの挨拶やん(笑)

さすがフランス人。

日本人ならセクハラおやじとして、マスコミに袋叩きにされるよね。

絶対に大人の対応されないだろうなー
 


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080326-00000003-maiall-ent

日仏修好通商条約締結(1858年)から150年にあたる今年、日本が仏政府観光局などと繰り広げるキャンペーン「日本、フランス、こうゆう関係。」の「2008年度フランス広報大使」に、キャスターの滝川クリステルさん(30)と華道家の假屋崎省吾さん(49)が就任し25日発表された。パリ生まれで父親がフランス人の滝川さんは「まさにこういう仕事がしたかった!」と最高の笑みを見せた。

 就任式では、フィリップ・フォール駐日フランス大使らが2人に任命状などを次々に手渡していったが、レストラン「ブノワ」などを展開するアランデュカスジャポンのファブリス・ルノー代表が、突然、滝川さんを抱き寄せて、ほおにキス。報道陣もあっけに取られる電光石火の早業だった。周囲のどよめきがさめやらぬ中、滝川さんはニッコリとほほえみ“大人の対応”を見せていた。

 滝川さんは「私の中では切っても切れないところ」。いとこたちもフランスにおり、夏休みなどには帰仏しているという。仏語は普通に話せるため、フランスの関係者に自己紹介したり雑談に興じていた。一方、大のフランス好きを公言する假屋崎さんは、毎年必ず渡仏するといい、そのたびに「美のインスピレーションを感じる。食も音楽も大好き」と絶賛。「大好きな大好きな滝川さんと一緒でうれしいっ」と幸せそうだった。

 広報大使は前年任命されたフォトジャーナリストの桜井寛さん、作曲家でピアニストの城之内ミサさんも引き続き務める。キャンペーンでは交通広告やネット、モバイルサイトなどで両国の伝統文化やグルメなどを紹介したり、旅行業界向けにPRする。日英の外交樹立もちょうど150年にあたるため、英仏共同のキャンペーンも計画している。



【2008/03/26 17:17 】
| 未分類 | コメント(-) | トラックバック(0) |
| ホーム| 次ページ