「中国製ギョーザ 中国は科学データ提供を…国家公安委員長」
科学的にやったら中国の農薬事情の悪さが世界に証明されるから、そんな議場にのってこないよな。

中国がこんな対応すると、真似して農薬まみれの食品を輸出する輩がでてきそうで怖いよ。

中国も、でかい国のわりにちっちゃいことに頑固なやつらやなぁ。
  
   
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
中国製冷凍ギョーザ中毒事件で、中国公安省の「中国国内で殺虫剤混入の可能性は極めて低い」との発表について国家公安委員会の泉信也委員長は29日の閣議後会見で、中国側の主張の根拠となる科学的データの提供を求める考えを明らかにした。 

 中国側が「日本の警察が鑑定結果を見せない」と主張していることには、泉委員長は「中国側には有機リン系殺虫剤メタミドホスの分析結果などの資料を渡している。逆に日本側の求める資料提供に中国側は応じてない」と説明。「中国側対応は理解しがたい。問題解決にプラスにはならない」と批判した。
  
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080229-00000060-mai-soci
  
 

【2008/02/29 21:35 】
| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「竹内結子、中村獅童夫妻の離婚が成立」
今まで離婚してなかったのね。
とっくに離婚成立してたと思ってたよ。
お疲れ様です。

これで、竹内結子はテレビ出演増えるかな。
バラティにはよく呼ばれそうやねぇ。
  
         
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
    
別居生活を送っていた女優、竹内結子(27)と俳優、中村獅童(35)夫妻の協議離婚が成立した。竹内と中村が29日、個別のコメントを報道機関にファクスで送り、協議離婚が成立したことを明らかにした。
  
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080229-00000935-san-ent
 
 

【2008/02/29 21:27 】
| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「力士急死事件、暴行後に元親方の山本容疑者が顔に放水」
人じゃないな。
とことん苦痛だけをあたえることしか考えてへん。
気絶してるか確認したかったってなんじゃそりゃ。

しかし、調べればこんなひどいことなのに、スルーしようとしてた警察側の問題はどうなってんだろ。
 
    
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
   
大相撲時津風部屋の序ノ口力士だった斉藤俊(たかし)さん(当時17歳)=しこ名・時太山(ときたいざん)=が暴行を受け、死亡した事件で、元親方の山本順一容疑者(58)(傷害致死容疑で逮捕)が、「ぶつかりげいこ」名目で行われた昨年6月26日の暴行後、気絶していた斉藤さんの顔面に、ジェットノズル付きのホースで3、4分間放水していたことが29日、愛知県警犬山署の特捜本部の調べでわかった。
 山本容疑者は「本当に気絶しているかどうか確認したかった」などと供述している。
  
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080229-00000026-yom-soci
 
 

【2008/02/29 18:59 】
| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「東芝とIHI、原発で提携へ」
原発かあ。やっぱ儲けが段違いなんやろうね。

HD-DVDで負けた東芝と、いい加減なことやってたIHIの負け組どうしが、慰めあって手をとりあってるように見えてしまったw
分野がちがうから関係はないことだけどさ。

     
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
   
東芝と、造船重機大手のIHIが、原子力発電所の設備を含むエネルギー・プラント事業で包括提携交渉に入ったことが明らかになった。

 IHIの同事業部門を別会社にして、東芝が出資する案などを検討している。将来は東芝の原子力関連などの部門をこの別会社に合流させる形で事業統合も視野に入れている。統合されれば、同事業の売上高は単純合計で1兆円規模になり、三菱重工業を抜いて国内トップになる。
  
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080229-00000003-yom-bus_all
 
 


【2008/02/29 13:18 】
| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「本人ブログが逮捕のきっかけ=元担当刑事、執念の追跡」
執念だね。

でも事件の詳細がよくしらんのよね。
週末はどこかのテレビが特集してくれるかなぁ。

   
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
1981年に起きたロス疑惑銃撃事件で、元会社社長三浦和義容疑者(60)本人がインターネット上に開設したブログの書き込みが、米ロス市警による逮捕のきっかけとなったことが28日(日本時間29日)、明らかになった。
 ロサンゼルス・タイムズ紙の報道や市警関係者によると、銃撃事件発生後に捜査を担当したジミー佐古田氏は、刑事引退後も同容疑者の動きを追跡。ブログへの本人の書き込みから、同容疑者が米自治領サイパンを頻繁に訪問していることを知り、ロス市警に逮捕に踏み切るよう働き掛けた。
 佐古田氏は以前から、三浦容疑者について「(カリフォルニア州の法制度なら)有罪になる」との考えを公言し、同州での訴追に意欲を示していたという。 
 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080229-00000043-jij-soci
  
 
【2008/02/29 13:13 】
| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム| 次ページ