「ディズニー事故は亀裂見落とし原因」
資格があれば見つけられるような錆なのかな。
 報告の落とし所としては言いやすい理由だけど、資格の有無と検査で発見できるかは違うような気もするなぁ。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

千葉県浦安市の東京ディズニーランド(TDL)で今月8日、アトラクションのパレード中にフロートと呼ばれる山車(だし)の支柱が折れ、山車飾りが落下した事故で、運営会社のオリエンタルランドは30日、鉄製の支柱にできた疲労亀裂の進行を見落としたことが破断の直接的な原因だったと発表した。
 同社は、加賀見俊夫会長と福島祥郎社長の月額報酬を20%(1カ月間)減額とし、「再発防止策を構築し、信頼回復に向け安全管理体制の再徹底に努める」としている。
 同社によると、第三者機関による調査などの結果、パレードが定期運休に入る前の昨年9月中旬の時点で、支柱の根元部分に長さ約3センチ、深さ約1ミリの亀裂が生じ、運休中にこの個所にさびが発生したと推定できるという。運営再開の昨年11月以降、亀裂が進み、事故につながったと結論付けた。亀裂の発生時期は不明。
 山車の設計製作とメンテナンスは「東宝映像美術」(東京都世田谷区)が請け負っており、同社が運休中に非破壊検査を実施した際、無資格者が検査を担当していたことも判明。検査には日本非破壊検査協会による日本工業規格(JIS)に基づく資格が必要だが、同社は「点検を担当した検査員の無資格を確認しなかった」と説明している。検査を行ったのは協力会社の社員で、山車の溶接なども担当していたという。
 事故は8日午後2時20分ごろ、「ディズニー・ドリームス・オン・パレード“ムービン・オン”」の公演中に発生。支柱の一部と、惑星をかたどったプラスチック製の装飾物(重さ計332キロ)が観客のすぐ目の前に落ちた。けが人などはなかった。アトラクションやパレードの山車などの破損落下事故は昭和58年のTDL開園以来初めてだった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080130-00000930-san-soci

【2008/01/31 12:45 】
| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「羽賀研二、渡辺二郎両被告が起訴事実を否認」
だまし取ったんじゃないなら、脅し取ったのか?
髪が伸びきり頬がこけるなどやつれた様子ってのがウソ臭いヤツだよな。


−−−−−−−−−−−−−−−−

未公開株を取得額の3倍で知人男性に売り約3億7000万円をだまし取ったなどとして、詐欺と恐喝未遂の罪に問われたタレントの羽賀研二(46)=本名・當真(とうま)美喜男=と、恐喝未遂罪に問われたプロボクシング元世界王者、渡辺二郎(52)の両被告の初公判が31日、大阪地裁(中川博之裁判長)で開かれた。羽賀被告は「あくまでも売買代金で、金品をだまし取った事実はない」、渡辺被告も「全然違う」などと起訴事実を否認した。
 羽賀被告はこの日、黒色のシャツと革ジャケット姿、渡辺被告はベージュの革ジャケット姿で入廷した。2人は昨年6月末の逮捕以降、約7カ月間拘置生活が続いており、特に羽賀被告は髪が伸びきり、頬がこけるなどやつれた様子だった。
 同事件では、両被告の共犯として山口組系暴力団関係者の男ら2人が恐喝未遂罪で起訴され、すでに有罪判決が確定している。両被告は捜査段階から否認しており、争点を絞り込む公判前整理手続きが適用されていた。
 起訴状によると、羽賀被告ら4人は共謀し、知人の不動産賃貸業の男性に返済を迫られていた羽賀被告の債務約4億円を、1000万円を支払うことで免れようと計画。平成18年6月7日、大阪市内のホテルで暴力団関係者の男らに男性を脅迫させ、債権を放棄する確認書に署名させた。
 また、羽賀被告は13年6〜10月、この男性に医療関連会社の未公開株計300株を取得額の約3倍で売りつけ、代金や手数料として計約3億7000万円を詐取した。
 羽賀被告は沖縄県出身で昭和56年に芸能界デビュー。フジテレビ系バラエティー番組「笑っていいとも!」の「いいとも青年隊」として人気を集める一方、女性タレントとの交際や借金騒動でワイドショーなどの話題を集めた。最近は主に宝石デザイナーとして活動していた。
 渡辺被告はプロボクシング引退後の平成12年、射殺事件に使われた短銃を譲り渡したとして銃刀法違反罪で実刑判決を受けるなど、トラブルが続いている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080131-00000905-san-soci

【2008/01/31 12:40 】
| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「小麦、4月に30%値上げ=パン・めん類に影響」
3割もあがるのかー
給料なんて3割も上がる日がくるのだろうか・・・



−−−−−−−−

農水省は30日までに、政府が国内製粉会社に売り渡す輸入小麦価格(5銘柄加重平均)を、4月に現行比で30%程度引き上げる方向で調整に入った。同省は売り渡し価格を国際相場に連動させる制度を昨年4月導入しており、需給逼迫(ひっぱく)への懸念から急騰している小麦相場の実態を反映させる。財務省や製粉会社との詰めの協議を踏まえて最終判断し、早ければ来週発表する。
 農水省は昨年、相場高を背景に売り渡し価格を4月に1.3%、10月に10%それぞれ上げた。これを受け、製粉大手は業務用小麦粉を値上げし、食品メーカーも相次ぎパンやめん類などの価格引き上げに踏み切った。今回の売り渡し価格の上げ幅は昨年を大きく上回るため、食品価格は4月以降、再び引き上げられそうだ。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080130-00000101-jij-pol

【2008/01/31 00:37 】
| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「100%責任あるのに…TBS「大毅追突」偽装報道?」
TBSが事実に基づいてるというレベルはこの程度ってことだ。

報道にたずさわる者がやってはいけないことをやるのがTBSっしょ。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ボクシング亀田三兄弟の二男、亀田大毅(19)の追突事故で、TBSが「追突事故に巻き込まれていた」と大毅が被害者のようにも受け取れる表現で報じていた。三兄弟の試合をほぼ独占的に放映し、亀田家と関係が深いことで知られる同局だけに憶測を呼ぶが、交通事故に詳しい専門家も「追突した側に100%責任がある事故で、巻き込まれたという表現はおかしい」と疑問を投げかけている。

 TBSは同社のニュースサイトで29日、「亀田大毅選手、急停車の車に追突」と題した記事をアップ。「亀田大毅選手が、東京・葛飾区で車を運転中に、追突事故に巻き込まれていたことが分かりました」「葛飾区亀有の信号のない交差点で、車を運転中に事故に巻き込まれました」と報じた。

 亀有署の調べによると、大毅が前方で急ブレーキをかけた乗用車に追突。運転していた日産エルグランドの前部バンパーと、前の車の後部バンパーが接触して破損し、物損事故として処理された。

 大毅は署員に「ぶつけたことは間違いありません」と自ら起こした事故であることを認めていた。兄の興毅(21)も29日の記者会見で、「オヤジ(史郎氏)にめちゃくちゃ怒られて泣いとった」と明かしていた。事故を最初に報じたのはTBSではあるが、関係の深い同局が亀田家に配慮したのではないかとの疑念も湧いてくる。

 これに対し、TBSの広報担当者は「事実に基づいて取材しています」と主張。また、同社の関係者は「会社の主張がこうだから自分の報道を曲げる、ということは絶対にない。それは報道にたずさわる者が決してやってはいけないこと。現場の記者が自らの取材に基づいて書いたニュースであり、亀田寄りというのは邪推だ」との見解を示した。

 交通事故に詳しい加茂隆康弁護士は「車間距離保持は義務で、追突は安全運転義務違反にあたる。一般道での追突事故は追突した側に100%責任がある。亀田さんが追突され、さらに前にぶつかった玉突き事故なら『巻き込まれた』という表現でも構わないが、この事故ではおかしい。(記事を書いた)記者は十分な取材をしなかったか、勘違いをしたのではないか」と話している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080130-00000000-ykf-ent

【2008/01/30 22:54 】
| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
「「globe」ファンクラブが運営一時休止」
小室哲哉はどうしちゃったんだろうね。
業界ごたごたなの?本人の心が折れちゃったの?



−−−−−−−−−−

音楽プロデューサー、小室哲哉が率いる3人組の音楽ユニット「globe」のファンクラブ「house of globe」が29日、運営の一時休止と年会費返金を発表した。

 「会報発送など一部サービスが滞っており、会員の皆様へ充分なサービスの提供を継続することができておりません。会員の皆様にはご心配、ご迷惑をお掛け致しまして大変申し訳ございません」とする謝罪コメントをサイトに掲載した。

 globeは本格的な再始動に向けて準備を進めており、「改めて万全の体制を持って再始動の支援と会員の皆様へのサービス提供を開始していきたい」と説明、ファンに向けて理解を求めた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080129-00000974-san-ent

【2008/01/30 13:10 】
| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム| 次ページ